5月25-26日に飯能で行われた「飯能新緑ツーデーマーチ」の会場である、飯能市役所にてヤマノススメブースが出店され、26日にはヤマノススメの原作者であるしろ先生のサイン会が行われたので参加してきました。

サイン会に参加するには整理券が必要で、ブルーレイまたはコミックス4巻を会場で購入した人に先着で配布されました。
当初の予定では25日に30枚、26日に30枚の合計60枚が配布予定でしたが、26日は40枚と現地で変更され70枚配布されました。

20130526_01
配布された整理券(赤色が25日配布分、水色が26日配布分)

私は25日と26日の両日、整理券をもらいに行きました。
これが地元民の力です(笑)

20130526_02
こちらはサイン会の待機列。
ポスターの後ろに座られているのがしろ先生。

会場で購入したブルーレイかコミックス4巻にサインを書いてもらうことになっていて、
サインと一緒に好きなキャラクターも1人書いていただけるとのことでした。

20130526_03
コミックにあおいちゃんを書いて頂いているところです。
自分の目の前で、ささっと書き上げていくのを見ることができて感動しました。

サインを書いて頂いた後に握手もして頂き、ちょこっとお話。

「しろ先生は飯能に何かゆかりがあるのですか?」と伺ったところ
「別にないですね~。」と返されてビックリしました(笑)
飯能を舞台にしたのは、友人に誘われて天覧山に登ったのがきっかけだそうです。

20130526_04
2回目はブルーレイにひなたちゃんを書いていただきました。
ちなみに、もうお分かりだと思いますが、しろ先生は左利きです。

20130526_05
サイン会は13時から開始され、15時半頃に終了しました。
ちなみにブース(西側)はこんな感じでした。
東側にもカウンターがあり、そちらではクリアファイルやタオルなどが販売されていました。

今回のサイン会、リクエストされたキャラクター数をメモっていたようで
各キャラクターのリクエスト数の結果がTwitterに投稿されていました。


アニメには登場していないキャラクターをリクエストしたコアな方もいたみたいですね(笑)
てか、合計すると64人・・・!あれれ、6人どこ行った・・・?

飯能市民のフォロワーさんとも過ごせたし、楽しいサイン会でした!


(飯能市の広報、関係者の方へ)

楽しいサイン会でしたが、今回、飯能市の広報の対応に色々と疑問も感じました。
イベント慣れしていないのは仕方ないですが、もうちょっと予習をした方がよかったと思います。
広報の方に、伝わる伝わらない伝わればいいな、的な感じで書いておきます。

問題点1
25日の整理券配布の列整理について。
公式サイトにてブースを開店するまで絶対に並ばせないと告知されていました。メールで問い合わせた方の返信にもそう書いてありました。(11時30分開店との告知)
それにより、開店時間に近づくにつれて周辺で待機している人が増えていく。
10分頃、ヤマノススメブースの周りに人だかり。
15分頃、並んでくださいの合図で、みんながもう突進。前の方ぐちゃぐちゃ、後ろの方横入り。
それを見たスタッフの「あとはお客様どうしてなんとかしてください」発言
開店まで並ばせないと告知するなら、責任を持ってちゃんとトラブルなく並ばさせるが普通では?
ぐちゃぐちゃになるのは予想ついていたでしょ?

問題点2
26日の整理券配布の列整理について。
前日のことがあったためか、告知なして9時過ぎから列整理開始。
11時30分の開店前には絶対に並ばせないのではなかったんですか?
並ばせるなら告知しましょうよ。公式サイトは更新できなくても、ツイッターでお知らせできたでしょ?
なんのためにツイッターを運用しているんですか?
整理券の配布枚数を増やしたのもツイッターで告知すればよかったのでは?
ただ、開店時間前に列形成させたのは正解だと思います。
なぜ25日もそうしなかったのだろうか。

問題点3
ブースの開店時間について。
ツーデーマーチにブースを出展しておきながら、ツーデーマーチに参加する人は整理券をゲットできない。
ツーデーマーチの最終出発時間~ゴール予定時間の間にブースが開店するため、開店時にはツーデーマーチ参加者は会場にいない。
せめて12時30分にオープンするとかにすればよかったのでは?
現に、ヤマノススメがきっかけで飯能に興味を持ち、ツーデーマーチにも参加した方がいました。サイン会にも参加したいと言っていました。
せっかく飯能に興味をもってもらったのだから、そういう方をもっと大切にしませんか?

ツーデーマーチに出店するってことは、飯能に来てほしい、飯能を好きになってもらったり、飯能のいいところを見つけてほしい、そう思っているから出店しているのではないでしょうか?

だったら、数少ない整理券を配布する方法として
ツーデーマーチに参加した人限定で、かつ抽選で配布した方がよかったのでは?
出発前にツーデーマーチのゼッケンを見せた人に抽選券を配布、参加者が歩いているうちに抽選して当選番号を貼りだしておくとか。

そのように告知すれば、ファンの人も必ず当たるとは思わずに「参加してみようかなー」的な気持ちでツーデーマーチに参加すると思います。
アニメ系のサイン会やイベントの整理券を現地で抽選して、当たった人だけ参加できるイベントとか別のところでよくやってますし。

こうすれば、そもそもの問題点がなくなりますし
これも一つの方法かな、と思います。

長々と書きましたが、これが飯能市民の私の思ったことです。
現地にいた人やツイッターで「運営ひどすぎ」という声がいくつもあがっていたので書きました。

もし関係者の方が見たなら、今後の参考にしてもらえると嬉しいです。